太るサプリ徹底解剖!

フトレマックス調査隊

コラム

食事とセットでフトレマックスを使おう

更新日:

ドクター・フトレマックスは、痩せすぎ体質を改善するために開発された「太るサプリ」です。サプリといっても、フトレマックスの場合は粉末状なので、牛乳などの飲みものに溶かして、直接飲料として摂取し、栄養を吸収することができます。
 
メリットやデメリットなど、さまざまな口コミが寄せられていますが、実際の効果については試してみなければ分からない部分もあります。
 
そこで今回は、少しでも目に見えるかたちで結果を出したい人のために、フトレマックスの使い方を中心に説明をしていきたいと思います。
 

フトレマックスは食べものにプラスして使う

 
朝食から昼食、さらに昼食から夕食と、人間は一日に3回は飲食を行います。間食や夜食、晩酌などをして、一日に何回も食事をするケースもありますが、痩せ体質の方にとって食事の量というものはあまり体重の増量には影響を及ぼしません。
 
普通の人なら一日3食食べれば間違いなく栄養が体に回って、基礎代謝量を上回ることによって体重や脂肪が増えてしまいます。しかし痩せ型さんの場合、体を素通りして排出されれば終わり。体に脂肪がつく前に排出されてしまうので、食べものが直接体に身につくというわけではありません。
 
痩せ体質さんは、普段から口にする食べものの栄養バランスを意識することが大切です。ケーキを5個食べるのと、ケーキ5個分のカロリーの食事を摂るのとでは、体内の栄養バランスに大きな差がついてしまいます。
 
「何を食べてもいいのなら、好きなものをバンバン食べよう!」という考えは、実は体質改善とは正反対の方法で、生活習慣病や体調不良につながりやすい方法になります。
 
栄養バランスに配慮して食事や間食を積み重ねることで、筋肉がつきやすくなったり、エネルギーを体に溜めて脂肪をつくるといった効果が出てくるのです。
 
フトレマックスには、果糖や低分子化プロテインなどの吸収効率の良い成分が詰まっています。飲んでから比較的素早く体に吸収されますので、食べものがずっと胃の中に残ったままになったり、消化までに時間がかかる心配がありません。
 
食べたものが身につかない人の場合、食べものや飲みものは胃から腸へとスムーズに排出に向かっていきますが、フトレマックスは吸収効率の良い栄養成分をたっぷり配合しているので、不足している栄養が手軽に補充できます。
 
フトレマックスの中に含まれるアミノ酸やたんぱく質などは、筋肉を鍛える際に重要な役割を果たすものですから、毎日摂取しておいてまったく損にはなりません。
 

食事を改善しつつフトレマックスをプラスする

 
痩せ型さんは食生活を改善しつつ、フトレマックスを取り入れることが大切です。食事のメニューやスタイルを変えずにフトレマックスを取り入れても、思ったような効果は出てこないかもしれません。毎日の食事内容を見直すことで、フトレマックスの効果も最大限に発揮できます。
 
体に脂肪をつけたい人は、脂肪に変わるのが早い炭水化物を中心とした献立を考え、それを一日3食分つくってみてください。3食を中心にしてフトレマックスをプラスすると、脂肪のつきやすい状態+フトレマックスの果糖の力で、より効果的に脂肪づくりができます。
 
筋肉をつけたい人は、鳥のささみなどの筋肉に欠かせない食材を中心に、献立を考えます。そしてその献立を忠実に守りながら、フトレマックスをプラスし、実際に軽い筋トレなどを行うようにします。筋肉の元になる栄養素を摂り、体に負荷をかけないところからトレーニングを重ねていきましょう。
 
フトレマックスは、痩せ型さんのライフスタイルを邪魔することなく、いつでも気軽に取り入れられる健康食品なのです。

-コラム

Copyright© フトレマックス調査隊 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.