太るサプリ徹底解剖!

フトレマックス調査隊

コラム

ドクター・フトレマックスとプッチェ、“おいしく”太りたいならどっち?徹底比較!

更新日:

現在流通しているものの中でもとりわけ効果が期待できるとされる、直接栄養を摂取するタイプの“太るサプリメント”。
このような形の太るサプリの中で、特に話題になっているのが、健康的にしっかり太れる“ドクター・フトレマックス”と、女性向けの“プッチェ”の2つ。
この記事では、この2種類を比較して、どちらの方がより“おいしく”太ることができるのかについて検証したいと思います。

食べやすさ

食べたり飲んだりして摂取するタイプということで、どちらも味付けには拘っているようです。
フトレマックスは粉末を牛乳に溶かして飲む形で、味付けはココア味
人工甘味料不使用自然な甘みに、わずかにスパイシーな生姜の風味が香る、クセになる味わいです。

プッチェの方はというと、袋にペースト状で入っており、お皿などに出して食べる形式。
味は甘いヨーグルト風味と、こちらも食べやすいですが、一点だけ懸念があるとすれば、公式ホームページに人工甘味料の使用の有無が書かれていないこと。
もしかすると、人工甘味料で味付けされていて、やや後味がしつこくなっているかもしれません。

対象

フトレマックスは、プロテインと銘打ってこそいますが、男女兼用と書かれており、実際に女性が使用した写真もしっかり載っています。
また、60代の方の体験談も掲載されており、年齢や性別を問わず使用できることが分かります。

しかしプッチェはトップページにもあるように「女性専用サプリ」。
しかもレビューは30代までの女性のものしか載せられていないので(50代女性のものがひとつありますが、「娘のために買った」と書かれているため除外しています)、若い女性専用ということになりますね。
性別や対象年齢層の広さという面では、フトレマックスに差をつけられてしまっていると言わざるを得ないでしょう。

成分

含まれている成分ですが、どちらにも共通しているのは炭水化物が入っていること。
炭水化物は、適度にボディーラインをふっくらさせるためには欠かせない栄養素であり、それが摂取できるのは大きなポイントです。

フトレマックスに炭水化物と一緒に配合されているのはタンパク質
血液や筋肉、臓器をつくる素材であり、体をぎゅっと引き締めてくれる栄養素です。
人間の体はタンパク質から出来ていますから、それをしっかり摂取することは、健康的な体になるためには欠かせません。
体には、脂肪ではなく筋肉として身につきます。
筋肉と聞くとボディービルダーの肉体のようなものを想像しますが、あのような体になるためにはキツいトレーニングが必要で、一般人にはまずあのような体は手に入りません。
適度な運動と一緒にしっかりとタンパク質を摂った場合、しっかりとした、健康的な見た目に太ることができます。
フトレマックスは、タンパク質でしっかりとした体の形を作って、その上に炭水化物で柔らかい脂肪を乗せた太り方をさせてくれることが分かりました。

プッチェの方は、炭水化物と一緒に脂質が配合されています。
脂質というと、不健康そうで、あまり良い太り方をしなさそうな栄養素だという印象を受けますね。
公式ホームページを読むと、プッチェは「もっちり体型」を目指して成分を配合したと書かれています。
確かに、炭水化物と脂質を取れば、脂肪でもっちりした体型になることはできるでしょう。
しかしよく考えてみてください。
炭水化物と脂質の組み合わせといえば、小麦粉とバターを合わせたケーキ、麺を油たっぷりのスープに入れたラーメン、衣を油で揚げた天ぷらやフライなど、あまり体に良くなさそうなメニューばかり…。
「健康的に太る」を銘打っておきながら、このような不健康そうな食べ物と同じ成分を配合しているというのはどういうことなのでしょうか。
プッチェで太るのと、たくさんケーキを食べて太るのとは、具体的にどこが違うのでしょうか。
このような点が公式ホームページでは説明されていないため、仮にプッチェで太った場合、しまりのない、でっぷりとした太り方になってしまうのではないかと不安に感じてしまいました。

まとめ

ここまで、フトレマックスプッチェを比較してきました。
今回の調査では、食べやすさについてはほとんど差がありませんでしたが、対象としている層、そして何よりも摂取した場合の太り方について、フトレマックスがプッチェに大きく差をつけた形となりました。

簡単にまとめると、食べたり、飲んだりするタイプのサプリメントで太りたいと思った場合、

・内側はしっかり、外側はふんわりという健康的な太り方をしたいならフトレマックス
・とにかく脂肪をつけて、もっちりした体型になりたいならプッチェ

ということになりそうです。

この記事が、太るサプリについて検討しているあなたの参考になりましたら何よりです。

-コラム

Copyright© フトレマックス調査隊 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.